関心空間の糞袋

関心空間から移行した内容(当時の不完全な記録)

すもも  天沼 俊

(全一巻!なSF風味?なマンガを紹介するよ!あ、ちなみに、どれもちょっと古いよっ!しりーずっw)

これはSFです、AI(人工知能)を持ったロボットとの心の触れ合いがテーマの。

(え、そうなん?)

(単行本カバーから、以下に引用します)

STORY。

時は、新世紀2001年、夏。

鎌倉CITYに住む16歳の少女すももは、

待っています。

やがて一台のトレーラーが彼女の前に、

止まります。

そのトレーラーは”家庭用お手伝い機械”

はたらき小僧を運んできたのです。

(以上、引用おわり)

・・・うーん、「新世紀」かぁ。

まあ、1985年の連載作品だからなあ。

当時リアル厨房だった少年糞袋は、

友人から回ってきたか立ち読みしたかだかの、

週刊少年ジャンプ誌に突如はじまったこのマンガを目にして、

なんというか、はじめて「ヤッターマン」とか、

「ゴワッパー5 ゴーダム」とか、

の主役のキャラを見て、非常に、

”負けた!””カッコ良すぎてついてけない”感をおぼえた時のよーな、

”スカしてて眩しいくらいな存在”によって自分に起こる疎外感、っちゅうのか、

”あーこりゃ逆立ちしてもオレには出せんセンスだわ”な敗北感っちゅうのか、

・・・まあ、すんげー”ハイセンス”っていうの?を感じましたです。ハイ。

んで、話の内容も中学男児を翻弄する程度にエロい場面があるし!

だけどもラストは悲しい、でも一応ハッピーエンドで、

やっぱりストーリー展開も上手いです。

この(連載期間の)長さだと、件のジャンプ・システム上では”打ち切られた”

ってことにされるんだろうけど、

個人的には、このコンパクトにまとまったサイズだからこそ、

愛おしいマンガになった、と(ホントに勝手に)思っております。

作者ご本人のHP→http://members2.jcom.home.ne.jp/...

※補足

 どうも未収録分を載っけた新装版があるらしい?

 しかし表紙が当時のタッチじゃないんだよなぁ・・・。

の画像

広告を非表示にする