関心空間の糞袋

関心空間から移行した内容(当時の不完全な記録)

読む ということは、

読む、ということは、信じる、ということ。

ためしに、「ぜったい信じないぞ」と思いながら読んでみたまえ、

書いてあることのひとつも理解できないから。