関心空間の糞袋

関心空間から移行した内容(当時の不完全な記録)

ぼくらのよあけ

小学生の、夏休み中に起こった話、という設定なので、いま紹介してみる。

・・・作者は、これ以前に、高校の新入生が新入生歓迎イベントで上映されたアニメーションに感動!それまで縁もゆかりも趣味ですらなかったアニ研に入部して動画投稿サイトに手作りアニメをアップロードする!!そして夏休み明けの文化祭に向けて大スクリーンに投影できる作品を!!!というほぼ半年間の様子を全4巻にまとめた「ハックス!」をものにしている御方。

そちらの作品では発表当時に時代設定を合わせてあったが、今回は、現在からおおよそ30年経った近未来が舞台。とはいっても、主人公たちは団地住まいで、目に付く未来的ガジェットといえば、学校の教室も含めた電子ペーパー化と、空中に表示されるディスプレイと、子猫以上中型犬未満なサイズで宙に浮くロボット(人工知能搭載で、学校や家庭でのアシスタントの役割ができる会話機能を持つ)くらいなもの。

そしてそして、「ハックス!」でも少し描かれていた、会話による集団内での人間関係とその人物描写、今回はグッとヘビーに展開されているのである。

・・・KWの画像の後ろに意味有り気に(苦笑)ばら撒かれたモノから察していただかれたように、科学だ!宇宙へ!っていう内容ではない、とは言わないが、主題はソコじゃなく、

ロマン

だ、とおもう。超・おススメ漫画です!!!!

の画像

広告を非表示にする